臭いおならはますます腸内環境を悪くする

赤ちゃんがおならばかり出して、うんちがなかなか出ないということがあります。

 

ママと赤ちゃん

おならの原因としては、ひとつはオッパイのときに空気をたくさん吸い込みますから、それが出ているということが考えられます。

 

しかし、臭いおならでなければ特に心配なことはありませんが、おっぱいの後にゲップを出せるように気をつけてあげましょう。

 

一方で、臭いおならをかなりの頻度で出す場合には、少し注意が必要です。

 

これはたまったうんちが腸内で腐敗発酵しているために臭いにおいがするのであり、これは悪玉菌と言われる腸内細菌の作用で生じています。

 

悪玉菌が増殖するほど腸の働きは悪くなり、うんちはますます出にくくなりますから、臭いおならが出ているときは腸内環境を整えてあげることに重点をおかなくてはなりません。

 

まずはたまったウンチを綿棒浣腸やグリセリン浣腸で出してあげましょう。

 

上手にたまったガスとうんちが出せれば、次に腸内環境を整えるためにミルクにオリゴ糖を混ぜて飲ませてあげるとよいようです。

 

赤ちゃんでも飲める無着色で無添加のオリゴ糖がありますから、それを混ぜてあげて少しずつ与えていきましょう。

 

赤ちゃんのうんちが出にくいのは、腸がまだ未熟なためで、発達とともに安定して出るようになることも多いようです。

 

早めに対応するなら、便秘が慢性化するということも避けられると思います。